グリッド

業務案内

​防水工事

防水工事

雨や紫外線を直接受けるバルコニーなどは、汚れやドレンのつまり、ひび割れが発生しやすい場所です。

見た目より裂傷しているケースが多く雨漏りの原因になります。

​早めのメンテナンスが必要です。

防水工事2

鉄筋が錆びないのは、コンクリートがアルカリ性だから。

割れ目やひびから 酸性の雨水や二酸化炭素が侵入すると、アルカリ性が中和されて鉄筋はぼろぼろになって膨張し、コンクリートを落下させてしまいます。10年を目安に防水の診断をおすすめいたします。

塗装工事

塗装吹付工事

外壁の傷は、ほとんどが後からやむをえず付けられた穴跡やビス跡による物が多いようです。

たとえば後付けされた配管の錆汁など、また、塗料の経年劣化により、剥がれ等の要因が発生します。

外壁工事

外壁補修工事

モルタルやコンクリート片が落下する以前は、ベランダや建物の内階段、通路部分に天井の塗膜片などが落ちている場合が多いので注意してください。

この原因もひび割れ個所からの雨水の浸入などが考えられます。

シーリング打替工事

シーリングはサッシ廻りや外壁打継部に打たれているゴムのことです。
経年劣化により硬化し本来の防水の役目をはたしておりません。
既存シーリングは撤去し、新たに打ち込みます。